8/31うお座満月:自己ケアと癒しの時を迎えて

うお座の満月

 

8月31日(木)の午前10時半を過ぎる頃、うお座で満月が現れます。そして、前回の満月2日(水)にも同じ月の満ちる光景がありました。このような現象が1ヵ月に2回起きるのは、2〜3年に1度の特別な出来事です。前回は2020年10月に観測されました。占星術の視点では、満月は「物事が特定の段階に達し、振り返りと調整を行う適切なタイミング」とされています。月初と月末に2度満ちる1ヵ月、過ごした夏を振り返ってみるのはいかがでしょうか。

8月の満月は、アメリカ先住民の間では「スタージョンムーン」と呼ばれることを既に8月2日の記事でご紹介しました。これは、チョウザメの漁が行われる時期と関連があります。また、1ヵ月に2回満月が現れる場合、2回目の満月は「ブルームーン」とも呼ばれています。ただし、実際には青い色合いではなく、その名前通りの珍しい現象です。

興味深いことに、アメリカで人気のビール「BLUE MOON」は、創業者が醸造したビールが「Once in a Blue Moon(こんなに素晴らしい味は奇跡的なこと)」と評価されたことから名付けられました。涼しさが戻る季節に、夜空を見上げながらひとときの楽しみを味わうのもいいでしょう。なぜなら、今回の満月はスーパームーンと呼ばれるもので、地球に近い位置にある大きな満月として観測されます。もし晴れていたら、見応えのある光景になることでしょう。

なお、満月の高みに達するのは午前10時36分です。一方で、8月30日(水)の満月のほうが、まん丸の形状に近いと考えられます。

 

過去に寄り添う救済の満月です。自分のデリケートな部分を認めてあげましょう。

 

今回のうお座の満月は、癒しのエネルギーに満ちた特別な時期です。多くの人にとって、救済や優しさを象徴する瞬間として感じられることでしょう。過去に抱えてきた傷や痛みが、思いがけない瞬間に心に浮かび上がることもあるかもしれません。現在、水星が逆行している状況下では、これらの感情が通常よりも強く表れる可能性があります。

もし今、感情が高まりすぎていたり、感情のコントロールが難しかったり、理由がないのに悲しみが押し寄せてくるような場合は、無理をせずに自分を許してください。予定を後回しにして、自分だけの時間を作ることも検討してみてはいかがでしょうか。涙が出たいならば涙を流し、怒りを感じるならば思う存分に怒りを表現しましょう。感情を表現し尽くすことは、時折必要なことです。それを避けて「元気を出さなきゃ」「笑顔を見せなきゃ」と無理に抑え込むと、後になって押し込められた感情が再び顔を出すことになるかもしれません。感情は消えることはなく、どこかに行ってしまうこともありません。

私がこう語るのは、うお座満月の「救済」というテーマに基づいていますが、同時に今回のスーパームーンの影響も考慮されています。大きく輝く満月は、感受性を高め、心をデリケートな状態にします。普段冷静な人でも、物事を通常以上に大きく感じたり、不安に襲われたりすることがあります。無理をする必要はありません。自分の内なるデリケートな部分に、やさしく接してみてください。月は癒しのエネルギーをもたらしますが、現実社会で自分を大切にするのは、私たち自身です。

 

土星に近い位置にあるこの満月は、「制限と試練の星」とも称されます。

 

今回の満月は、「制限と試練の星」と称される土星のすぐ近くで発生します。この星回りは、地に足をつけてしっかりと自分を確立する時を意味します。しかしながら、この土星は現在逆行中です。この逆行の影響により、試練や制限に対する意識が緩み、むしろ「自分自身が設けている制限」に気づかせてくれるかもしれません。自分に対する過度な思い込みや、「こうじゃなければならない」という考え、楽しさを奪ってしまうモーニングルーティン、体の一部を否定してしまう習慣、自虐的なジョークなど、これら「心を縛る呪い」を、この満月で手放すことを検討してみるのも、星占いを活かす方法の一つかもしれません。

「ねば」「べき」といった制約を一時的に置いて、軽やかになることを試してみましょう。日常の習慣を見直し、すでに充実したものと感じるものを優先することも考えてみてください。時には過去を振り返り、「あんなことをしてしまったな」という思いが湧き上がるかもしれません。しかし、自分を傷つけるような考えに囚われたら、それは自分自身に対する不当な仕打ちです。時には自分に厳しすぎたかもしれませんが、どんな時も努力してきました。この満月の時、感謝の念が自然と湧き上がることでしょう。なぜなら、この満月は癒しと救済のエネルギーをもたらすからです。

【今回の満月で試してみる価値のあること】

+ 無理をせずに自分を認める。過度な努力を手放しましょう。
+ 友人の良い点に学び、その魅力を取り入れてみる。
+ 心を和ませる美しい音楽を聴く時間を持つ。
+ お気に入りのバスソルトを使って、リラックスしたバスタイムを楽しむ。
+ ブルートパーズやアクアマリンなど、青いカラージェムのジュエリーを身につけることで、満月のエネルギーを取り入れる。

コメント 1


  • みき

    ブログの更新がないのはなぜですか?
    購入を検討していたのですが、放置気味なブログに少し不安を抱きました。


This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.


FULL MOON - Alchemist + Co Japan|天然石アロマソイキャンドル
FULL MOON - Alchemist + Co Japan
FULL MOON - Alchemist + Co Japan
FULL MOON - Alchemist + Co Japan|天然石アロマソイキャンドル
FULL MOON - Alchemist + Co Japan
FULL MOON - Alchemist + Co Japan
FULL MOON
通常値段¥3,500
/
税込み

Top Notes: プチグレン、オゾン
Middle Notes: シーソルト、プラム、ユーカリ
Base Notes: パウダー、サンダルウッド、ダークムスク

  • 100%天然国産ソイ(大豆)ワックス
  • 無毒性、発癌物質不使用、パラベン不使用、フタル酸エステル不使用
  • 天然コットンウイック
  • 全商品ハンドメイド
  • プレミアムフレグランスオイル
  • エッセンシャルオイル配合
  • 燃焼時間:50時間+

フルムーン:  海の風と塩水の香りを中で満月を見上げるような香り
ストーン:  ムーンストーン、ラブラドライト 、クリアクォーツ 、アメシスト 、トルマリン 

満月のエネルギーをあなたの空間に。海の風と塩水の香りを思わせ、海岸での散策や海の波の音を楽しむような清涼感とリラックス感をもたらすシーソルト。プチグレンを始め甘いプラムで広がる香り。生き生きとしたユーカリアクセント。信と魅力を与え、心を惹きつけるダークムスクを重ねた作品。サンダルウッドの官能的なノートがアロマティックで爽やかなアクセントとコントラストを描きます。心を浄化しリフレッシュし、気分を高揚させるキャンドル。